子宮頸がん検査

健保組合では、被保険者及び被扶養者の方を対象に自宅にいながら簡単に検査を受けられる「子宮頸がん検査」を実施しています。
子宮頸がんは子宮の入口(頚部)にできるがんで、がんになる原因が解明されています。最近では、20歳~30歳の若い女性に急増しています。また、子宮頸がんは検査により、がんになる前に発見できるので定期的に検査を受けることをお勧めいたします。
「検査に行く時間がない」、「面倒くさい」、「病院は苦手」、「育児中で暇がない」こういった理由から検査を受けないでしまっている、なんてこと身に覚えがありませんか。がんは早期発見、早期治療が大切です。是非この機会に検査をし、ご自分の健康状態の確認や健康管理にお役立て下さい。

対象者(女性限定) 被保険者(本人)及び同被扶養者(家族)
検査時期 健保組合から別途ご案内いたします。
検査方法 自己採取による方法 (細胞診検査)
費用 無料。全額健保組合が負担いたします。

申込方法

健保組合からお送りする検査申込書に必要事項を記入して直接健保組合に、お申込下さい。

検査の流れ

  1. 申込まれた方の自宅に直接検査機関より検査キットが郵送されてきます。
  2. 自宅で採取した検体を返信封筒に入れ検査機関に返送してください。
  3. 検査結果は検体返信後10日程度で検査機関から直接自宅に郵送されます。

ご注意ください

申込まれた方で検査を行わなかった方には、検査費用を全額自己負担していただくことになりますのでご注意下さい。

ページトップへ